夏の対処法と食事

夏場は熱のエネルギーであるピッタの性質が強くなります。ピッタは熱と燃焼を司るので、ピッタの性質が過剰になると、身体の内部に熱を溜めてしまいます。身体に熱を溜めてしまうと、消化器系の病気や炎症、皮膚疾患等を発生する危険があるので、溜まった熱を放出するために、食事の時には身体をクールダウンさせる性質のものを食べるようにしましょう。身体を冷やす効果のある食べ物は、スイカやキュウリ、サラダ等の生野菜類や、果物等の甘い食べ物、ごはん等の穀物類です。暑い時期は食欲が落ちてごはんが喉を通らない、という人もいるでしょうが、暑い時期ほどごはんを沢山食べて身体を冷やす必要があるのです。逆に、この時期には身体を温める食材を摂ってはいけません。摂取を控えるべき食材は、コーヒーやアルコール、辛いスパイス類、発酵食品や揚げ物、肉類です。今まで夏バテに良いと思って食べていたものが含まれていませんか。暑い時期にスパイスのきいたカレーを食べたり、スタミナをつけるために焼き肉を食べるのは、身体にとっては逆効果なのです。発汗作用があるからといって、身体をクールダウンさせるわけではありません。暑い夜の生ビールは美味しいですが、身体のためには控える方が賢明です。

Comments are closed.